ご挨拶

慈興院大徳寺の58代目住職 佐伯 徳順でございます。

みなさんは、お坊さんに対してどのようなイメージをお持ちでしょうか?

特別な存在・非日常的な存在というようなイメージをお持ちの方も多いかもしれません。

私は、(真宗大谷派の総本山である)東本願寺が設立した「大谷大学」を卒業後、
約15年ほど IT関係の企業で勤めていた経験をもっており、
また日常生活においては、2児の父親であります。
(趣味は、音楽・DIY・ジャムやパン作り)

そんな私が、当寺の住職になったのは突然の事でした。
早すぎる父の死。突然背負う事になった大きすぎる責任。
右も左もわからないことだらけで、大変な事もたくさんありました。

父が亡くなってから一〜二年ぐらいは、
「逃げ出したい」と思う事もたくさんありましたし、
法要・法事の度、徹夜して準備していた事を今でも鮮明に覚えています。

また、ここ数年で多くの同志・身内を失いました。
僧侶として「送る事」、ゆく者と残される者、
残さた者として人生を歩むという事、
その応えを感じながら、日々を過ごしております。

住職になってから、
本当にたくさんの事があったものですが、
実際に逃げ出す事はなく、
今日までやってくる事ができたのは、
門徒さんをはじめ、いろんな方が私を助けてくださった事、
そして、なにより仏教の教えに救われた私がいるからだと思います。

仏教の教えを皆様にお伝えしたいと懸命に仏教を学び、
そしてその学びを通して自分自身が仏教の教えに救われていたという事があったのだと思います。

とはいえ、まだまだ未熟者という事は変わらず、
仏教の事も、まだまだ勉強中です。

でも、今の自分が
現世(この世)で何か出来ることがあるんだったら、という思いから、
いろいろな取り組みをしていきたいと思っています。

僕は、この大徳寺というお寺が
「愛する人との別れをゆっくりと受け止めていける場所でありたい」
「家族・人のつながりを深めていける存在でありたい」
「地域活性に貢献できる存在でありたい」

と考えています。

お寺は葬式の時だけでなく、
皆さまの人生の真っ只中にも関わりをもてるよう
その実現に向けてこれから歩んでいこうと思います。

このホームページを作ったのも、その第一歩。

これからの当寺の歩み、楽しみにして頂けますと幸いです。
 

人生は長さじゃない 深さです 幅です
金子 大栄
Love the life you live. Live the life you love.
自分の生きる人生を愛せ。自分の愛する人生を生きろ。Bob Marley (ボブ・マーリー) -

  
今後、
お寺を舞台にいろんな催しもしたいと考えております。
「興味がある!」「ボランティアスタッフしたい!」という方がおられましたら、
お問い合わせフォームよりお知らせください^^

  • この記事をシェア